リゾートバイトと温泉

リゾートバイト王 > 温泉

日本人と温泉

日本には、大小様々な温泉地があります。観光ランキングでも常に上位に入っています。日本人と温泉は、切っても切れない関係です。

人気温泉地

応募

1位、箱根温泉(関東)

2位、湯布院、湯平温泉(九州

3位、草津温泉(関東)

4位、登別温泉(北海道)

5位、別府温泉郷(九州)

6位、道後温泉(四国)

7位、黒川温泉(九州)

8位、指宿温泉(九州)

9位、下呂温泉(東海)

10位、城崎温泉(近畿)

温泉地のリゾートバイト

仲居さんやフロントなどの職種は常に温泉地でも募集があります。アルバイトというよりも社員の募集が多いです。

その他の職種に関しては、繁忙期にあたる、年末年始、春休み、ゴールデンウィーク、夏休み、冬休みに応募が出てきます。

温泉地をおススメするのは

温泉に入れるから。無料で入れる機会なんて、ほぼないです。お客様は、お金を払って温泉を楽しんでお食事をしに来ています。その横で、タダで温泉に入りながら、美味しい食事まで無料で食べることができるかもしれない。そんな恵まれた生活が出来るのが「温泉旅館、温泉ホテルでのリゾートバイト」なのです。

ただ、温泉にはほとんど興味が無い方には、無意味な選択です。また、夏に温泉はミスマッチ。温泉好きには、季節は関係ありませんが。春休み、ゴールデンウィーク、冬に温泉バイトしませんか?絶対にまんぞくしますよ。

無料で湯治

湯治とは

昔々のその昔。病気を治す手段は、自然に任せることが主流で。高価な薬は一般人には手が出せない時代。庶民はどうしたかというと、温泉場に出向いて長いこと滞在し温泉の力で病気を治していました。

現代の湯治

昭和の初期まではまだまだ湯治文化が盛んでしたが、今ではあまり聞かれなくなりました。忙しい現代において、長いこと温泉場に滞在することが困難になったこともあるし、病気の治療が手術や薬に変わってきたことが要因です。

それでも、今でも現役で湯治場としてお客様を迎えている温泉場があり、そこには大勢のお客様が来られています。それだけ、湯治には魅力があるのです。

タダです

そこでお勧めなのが「温泉でリゾートバイト」。一般の人は、治療に専念するために仕事を長期で休んで湯治場に来ます。でも、リゾートバイトなら仕事をしながらなので、何の問題もない。

宿がタダ

湯治宿はだいたいが格安です。別府の鉄輪温泉の湯治旅館「双葉荘」に泊まったことがあります。ココは、二泊三日からしか泊まらせてもらえません。1泊当たり3500円ほどでした。普通の旅館からすると安いですが、1ヶ月滞在するとしたら、10万円ほどします。ですが、リゾートバイトなら無料です。

温泉がタダ

湯治客は1日に3回ほど温泉に入ります。滞在している旅館に温泉があれば問題ないけど、なければ入浴料がかかります。毎日3回30日、300円でも3万円ほど必要ですが、リゾートバイトなら無料です。

食事がタダ

湯治はだいたいが自炊です。自分で食材を買ってきてキッチンで調理します。外食や部屋食よりは安くつきますが、それでもお金はかかります。でも、リゾートバイトなら無料です。

まとめ

温泉が好きなら最高だし、そうじゃない人でも絶対に満足する温泉リゾートバイト。ココだけの話「ちょっと皮膚が弱い」という方。毎日、温泉に入っているとコンディションが良くなりますよ。温泉を飲む「飲泉」が出来るところなら胃腸が丈夫になるおまけも付いてくるかも。行くしかないでしょ。

仕事の探し方

フロム・エ-でリゾートバイトを探す

公式サイトはこちら

派遣会社「ヒューマニック」に登録

公式サイトはこちら

リゾートバイト王 > 温泉